ごあいさつ

那須みふじ幼稚園園長
高橋明男

私たちの「那須みふじ幼稚園」は、那須街道の御料林と那珂川沿いの県有林にはさまれた、緑豊かな環境にあります。 昭和51年、初代園長内海暢子によって創設されて以来、2500名以上の子どもたちをお預かりして現在にいたっています。 卒園児のなかには、ふたたび父母として、教諭として、あるいは評議員として、本園に関わってくださっている方々もおられます。

私たちの保育の柱は、シュタイナー教育です。 初代園長は、まだシュタイナー教育がまったく知られていなかった昭和40年に、当時ドイツ留学中であった高橋弘子前園長とともに、ヴァルドルフ(シュタイナー)幼稚園を見学しました。 そして、そこでの子どもたちの生きいきとした姿に感動して、このシュタイナー教育の理念を日本の自然と文化のなかに取り入れることができれば、理想の保育が生まれるのではないかと考えたのです。

そのため、那須みふじ幼稚園では、創立以来、子どもたちが日本舞踊のような伝統文化や、陶芸、絵画、ピアノなどの芸術に触れる機会を提供してきました。 また、職員が心をこめて手入れしている自前の畑を使って、子どもたちが自分たちのいただく野菜や果物の生長に触れること、あるいは桃の節句、端午の節句、七夕、クリスマスなどの「四季のお祭り」を通して、自然の変化を体験する機会を大切にしてきました。 そして、その幼稚園の活動を一貫して支える柱として、一人ひとりの個性に目を向け、子どもの発達を深く理解するためのシュタイナーの人間学があります。

何よりも、私たちの中心には「子ども」がいます。 つねに子どもたちを見つめながら、父母の皆様と力を合わせて、本当に子どもたちのためになる、よりよい保育を目指して、教職員一同、日々新たな気持ちで学びと研鑽に務めてまいります。 どうぞよろしくお願いいたします。